自動車税未納だけど、廃車できる?

自動車税が未納の場合でも廃車することはできます。

ただし、廃車(永久抹消登録)後に未納分(月割り)の自動車税の請求書(自動車税事務所から)が送られてきます。

自動車税を払っていないことで廃車できないことはありませんが、結局は未納分の自動車税を支払うことになります。

仮に既に自動車税を払っているなら、還付されるわけです。

中古車買取相場!今ならいくら?
【廃車手続き方法の最新記事】
posted by 事故車買取査定カービュー at 14:29 | 廃車手続き方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車リサイクル法とリサイクル料金のこと!

自動車リサイクル法(2005年)がスタートしてリサイクル料金の支払い義務ができました。車を売買する際には、ちょっと注意が必要かもしれませんね!なお自動車リサイクル法とは、最終所有者が自動車の解体処分で発生する廃棄物(フロンガス・エアバッグ・シュレッダーダストなど)の処分料金を負担する仕組みです。また自動車メーカーや輸入業者には、これら廃棄物の引取・リサイクルを義務づけた法律になります。フロンによるオゾン層破壊、要は地球の温暖化問題や、廃棄物の埋立地の問題などを解決する手段の1つといえそうです。事故車買取廃車見積もりで、車を手放す際にはリサイクル料金を支払っておく必要があるので注意してください!自動車買取査定中古車買取査定でも同じことなんですが・・・そこで気になるリサイクル料金の費用!一般的には、7000円〜18000円の価格帯が多いようです。リサイクル料金が均一ではない理由は、出荷時の装備が関係しているため!メーカーや車種ごとに異なるようです。外車や高級車ほどリサイクル料金が高くなる感じですね!でも自動車リサイクル法で地球温暖化に貢献するのか、チョット興味があります。あまり関係が無いような気も・・・なおバイクは、自動車リサイクル法の対象外なのでリサイクル料金は必要ありません。ただバイク業界は、独自の仕組みがあり、メーカー希望小売価格にリサイクル料金が含まれていたりします。2004年にスタートした二輪車リサイクルシステムですね!まあバイク買取査定では、あまり気にすることもない感じですが・・・
posted by 事故車買取査定カービュー at 12:44 | 自動車リサイクル法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

廃車はカービュー!一般的な自動車の廃車手続き方法や手順について!

陸運局で廃車手続きをしたり、解体屋を探して自動車を引き取ってもらう手間や費用を考えれば、自動車の廃車・処分・廃棄はカービューの廃車買取査定(事故車買取査定)を活用したいですね。カービューの事故車買取査定では、廃車手続きや引き取りも全て代行してくれる業者を紹介してくれるので便利ですよ。

そこで一般的な自動車の廃車手続き方法について紹介します。以前、管理人も廃車手続きをしたことがありますが、陸運局に行ったり、解体屋を探したり、本当に面倒でした・・・今ならカービューを活用しますね。

なお自動車(普通自動車、小型自動車)を廃車するなら、二度と乗らない『永久抹消登録』と呼ばれる廃車手続きをします。軽自動車だと『返納届け』と呼ばれます。廃車と一言でいわれていますが、『永久抹消登録』と『返納届け』の2つを指しているのです。

なお廃車手続きは、自動車屋さんや行政書士も代行しますが、2万円とか平気で請求してくるのでカービューを活用した方が断然お得といえます。なお自分でする場合は、時間のある方に限りますね・・・

そこで廃車手続きをする場所について最初に紹介しておきます。

・返納届け(軽自動車)→軽自動車検査協会
・永久抹消登録(普通自動車、小型自動車)→陸運局(陸運事務所)

●一般的な廃車手続き方法
陸運局で廃車手続きをする場合、平日(年末年始を除く9:00〜16:00)の間に手続きをします。廃車手続き自体は簡単で、ナンバープレートを窓口に提出し、領収書(確認印や確認シール)を受け取り、それを申請書に貼り、残りを記入して窓口に出すだけです。

次に自動車税(重量税)の還付手続きになります。車検が1ヶ月以上残っていれば自動車重量税が還付されます!申請方法は、『自動車重量税還付申請書』を記入し窓口に提出するだけ!後日指定口座に振込されます。なお自動車税も還付されることもあるので、手続きしておくといいです。ただし軽自動車の場合、年額納税なため自動車税の還付はありません。

最後に自動車保険(任意保険、ノンフリート)を引き継ぐ場合、『登録事項証明書』が必要になります。一時抹消登録では、登録事項証明書(軽自動車は自動車検査証返納証明書)が発行されますが、永久抹消登録では発行されません。必要の場合は、発行手続きをしてください。

また自動車を処分・廃棄する場合、解体屋を探すことになります。これが結構面倒ですね。探す手間もありますが、引き取り方法を決めたりします。しかも費用も発生しますのでご注意を!できるならカービューなどの廃車の買取査定を利用した方が安上がりですね。
タグ:廃車手続き
posted by 事故車買取査定カービュー at 09:50 | 廃車手続き方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不法投棄の罰則規定を知ってますか?事故車・不動車は事故車専門の買取査定で!

不動車や事故車は、劣化が早いもの!できれば、ほったらかしにせずに早く処分したいですね。ですが、不法投棄は未だにあるようですね。特に自動車リサイクル方が施行になり、近年は自動車の不法投棄が減少傾向にあるのですが・・・

なお自動車に限らず不法投棄をした場合の罰則規定をご存知ですか?実は、最高5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金になるそうです。なお場合によっては、この両方が科せられるケースもあるそうです。

そのため事故車・不動車は、事故車専門の買取査定でさっさと処分するのがオススメです。一般的に事故車や不動車は、部品取り・海外輸出で再利用・鉄くずなど、意外にも価値があるわけです。意外と高い処分費用を支払って、自分で廃車手続きをしてなんて考えると面倒ですよね。だから専門業者に全て任せるわけです。お金になって廃車手続きもしてくれるわけですから、有効利用しない手はないですよね!

なお不法投棄についてですが、例えば誰かの土地(私有地)に不法投棄した場合、土地の所有者がいろいろと手を尽くすことになります。なお一般的な私有地に不法投棄された自動車の処分方法を説明しておきます。

まず土地の所有者が自動車の所有者に対して撤去と損害賠償するケースが多いです。なお自動車の所有者が撤去に応じない場合、裁判所に強制執行を申し立てます。そして第三者によって撤去するそうです。なお、この時に発生した費用は、自動車の所有者に支払わせることになるそうですね。

ただ現実問題として不法投棄されている自動車は、足が付かないようにナンバープレートを外してあったり、車体番号を削っていることが多いです。そうすると所有者や名義人も分からないことが多いみたいです。また例えば、名義人と突き止めることが出来ても、その人が自動車の所有者とは限らないこともあるわけです。

要は、自動車の名義人が業者に廃棄依頼しても、業者が廃棄手続きをせずに棄てている(不法投棄)していることもあるようです。まれなケースみたいですが、意外と聞きますよね。

なお所有者が分からない自動車の不法投棄については、各自治体で独自のルールを定めていることがあります。もし私有地の不法投棄車に困っているなら、まず各都道府県に確認してみるといいです。
タグ:不法投棄
posted by 事故車買取査定カービュー at 15:32 | 車の不法投棄について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事故車処分・売却にカービュー事故車買取査定!不動車・水没車・走行不能車・廃車OK!

事故車・不動車・走行不能車の買取査定『カービュー』事故車の処分には事故車専門の買取査定を利用する方が効率よく処分・売却ができますね。管理人の経験では、事故車の処分に車屋さんを使うと、逆に処分費用を取られます。それなら事故車の買取査定で見積もりを出してもらうのが効率的といえます。そこで便利なのがカービューの事故車買取査定です。

カービューの事故車買取査定では、カービューが窓口になり事故車・不動車・水没車・走行不能車・廃車などを複数の買取業者に見積もりをさせるわけです。その結果に対して条件に見合う業者に処分・売却をさせるわけです。

特に車両保険に未加入で事故を起こした方には便利なサービスといえそうですね。

事故車の定義について


なお事故車買取査定で注意することとして、事故車の定義があります。一般的には自走できる場合や軽度の修理で自走可能になる事故車は事故車とは呼ばない感じですね。さらに修復済みの事故車も違いますね!

あくまでも自走不可の状態が前提になるわけです。ただこの辺のニュアンスは業者で多少違うのですが・・・ただ認識としては自動車を売るというのではなく、鉄くずを売るという感覚の方が正しい気がします。

そのため自走不可で修理に多大な費用がかかる事故車や不動車の処分や売却に困っている方は、カービューの事故車買取査定を利用してみるといいと思います。

事故車買い取り査定
posted by 事故車買取査定カービュー at 08:08 | 事故車買取査定のカービュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。